紫外線を防止するスキンケア商品とは

太陽の光が強い時にお出かけをする場合、紫外線防止策をきちんと講じておくことが重要です。

日焼けをすると、肌が黒くなったり皮が剥けたりするイメージがありますが、日焼けの弊害はそれだけではありません。

肌の深い場所にある細胞に紫外線が到達すると、皮膚細胞が傷つきます。

その結果、お肌にくすみやすみ、そばかすなどのトラブルが起きてしまいます。

紫外線が皮膚に照射される前にシャットアウトできるよう、紫外線の防止策を立てておくようにしたいものです。

皮膚に紫外線が到達する前に、いかにしてそれを食い止めるかを考えたものが日焼け止めです。

日焼け止めクリームの種類は幅広く、定番のクリームのほか、乳液や、ジェル状もあります。

近年では、さっとスプレーすれば日焼け止め効果があるスプレータイプも登場しています。

使用感や使用するシーンなどに合わせて、自分に合った日焼け止めを選べるようになっています。

紫外線の防止力は、SPFとPAという2種類の数字が設定されており、日焼け止めクリームに書かれています。

紫外線にはA波とB波という波長の異なる2種類の光があります。

SPFはUVFに対してどこまで有効なのかです。

太陽の光を浴び始めてから、紫外線B波の効果がいつ現れるようになるかが、SPFの数字に依拠しています。

紫外線A波に対して防止効果があるものが、PAの大きい日焼け止めクリームになります。

PAは、+を重ねて表記することによっており、紫外線A波に対する強さを表します。