日焼け対策でシミのない肌を

年をとってから、お肌のシミに悩まされることがないように、日焼け対策をしておきましょう。

昔は、適度に日焼けをしておいたほうが健康にいいという認識でしたが、現在では、紫外線は肌に良くないという考え方が一般的です。

日焼け対策をきちんとしているという人は多いようです。

ただし、若いうちは肌トラブルが起きにくく、大して手入れをしなくてもきれいな肌でいられるので、実感がないことがあります。

いくら若くても、年をとってからのことを考えると、今のうちから日焼け対策を講じておいたほうがいいでしょう。

お肌のシミができるのは、紫外線を照射された皮膚の肌細胞がダメージを受け、それがきっかけになるとされています。

もしも、紫外線で肌細胞が壊されてしまったら、その後に修復されることはまずありません。

若年のうちは、多少は日焼けによって皮膚を痛めることになっても、目に見える変化がないので、無防備になりがちです。

年をとるごとに、だんだんと肌の老化が進んできますので、若いうちから紫外線からお肌をガードするように意識することです。

UVカット加工が施されたつば広の防止や、日焼け止めクリームが、日焼け対策には有効だとされています。

顔は、オールシーズン外部にさらしているところでありながら、できるだけシミができないで欲しいという場所です。

紫外線が原因で、顔にシミができてしまうという事態は回避できるよう、普段から日焼け予防に力を入れましょう。